【第34節 SAFC 3-3 ミドルズブラ】攻め続ければ何かが起こる

ボルトン戦同様に攻撃の意識が感じられました。幸先よく先制した後のクラーク=ソルターの退場は残念でしたが、退場後も2バック状態で攻め続けました。リスクは承知、攻め続ければ何かが起こります。残り12試合、最後まで攻撃的に行ってほしい。

⇒ ハイライト


SAFC 3-3 Middlesbrough

【得点】
1-0 11’ アソロ
24’ クラーク=ソルター
37’ Traore
1-1 49’ Bamford
1-2 53’ Leadbitter(pen)
2-2 58’ ウィリアムズ
2-3 68’ Bamford
3-3 90+6’ マクマナマン

【スタッツ】
ボール支配率: 51% / 49%
シュート (枠内): 17(7) / 11(4)
コーナーキック: 4 / 2

■スタメン(3-1-4-2)
マジャ   アソロ
オヴィエド ハニマン マクネア マシューズ
カタモール
クラーク=ソルター オシェイ コネ
キャンプ
交代 42′ マクネア ⇒ ウィリアムズ
65′ マジャ ⇒ マクマナマン
79′ ハニマン ⇒ マッギーディー
サブ スティール、ジョーンズ、ブラウニング、ロブソン
マジャ、ハニマン、マッギーディー、オヴィエド、マクマナマン
クラーク=ソルター

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする