3部降格、クラブ売却、コールマン解任、ゼロからのスタート

3部降格が決まり、クラブ売却も決まりました。コールマンも解任です。
落ちるところまで落ちてゼロからのスタートです。ここからのクラブ再建を期待をもって見届けていきたいです。

以前から噂のあったスチュワート・ドナルド氏が率いるコンソーシアムへの売却が決まりました。過去には下部リーグですがオックスフォード・ユナイテッドFCやイーストリーFCを再建してきた実績もあるようですし、いい方向にクラブを導いてほしいです。

<Google翻訳より>

Sunderland AFCのオーナーであるEllis Shortは、サッカーの投資家の国際コンソーシアムにクラブを売却することに同意した。 英サッカーリーグの承認を受けたこの取引は、Eastleigh FCのスチュワート・ドナルド会長が率いるグループに所有権を渡すことになる。

「私はSunderlandを売ろうとしていることは秘密ではないが、正当なグループが来るまで待っていた。それは経験、財政、そしてこの偉大なクラブを価値のある場所に戻すだろう。

「全体的に、会長として私が望んでいたようには行かなかった。 プレミアリーグでの10年間の多くの高い点は、最後の2つのひどい季節の低得点で覆されています。 私はサンダーランドを最高の可能な状態にして、最善の状態でコーナーを回ることを確実にすることを決意しました。 これを達成するためには、資格のないバイヤーからのより高いオファーが拒否されました。私は、所有する前から財務的に強く、債務を免除するために、クラブが負った債務をすべて払いました。

「スチュワートと彼のグループがEFLの承認を得たと仮定すると、彼らとクラブに関連するすべてのものが未来のために最高のものであることを願っているだけです。 私は人生のためにSunderlandのファンになり、彼らが所属する場所に戻ってくるのを見るファンとして戻ってくることを願っています。

ドナルド氏は、現在、Eastleighの所有権を放棄する予定です。「この入札に参加しているすべての人は、Sunderlandが特別な機会を提供していると信じています。 私たちのグループは、サッカークラブの構築や再構築に力を入れており、過去10年間にこの巨大クラブで直面する多くの課題を克服するために必要なスキルを獲得したと考えています。

ドナルド氏はEastleighとの提携以外にも、投資家、シャツスポンサー、支持者信託委員会として、過去10年間のクラブの復活でオックスフォード・ユナイテッドで重要な役割を果たしました。

彼は次のように述べています。「EastleighとOxfordはお互いに異なるケースで、もちろんSunderlandよりも小さいケースです。 しかし、類似点は、ここで取り上げる必要があることもたくさんあり、現実主義、焦点と献身で対処する必要があるということです。 最高のファンファンの1つを持つクラブにとって、英国のスタジアムとアカデミーは、リーグワンで自分自身を見つけることは受け入れられません。

「クラブを再構築し、それを持続可能にし、ファンの助けを借りて、誇りを取り戻し、地域社会と再結びつけるための慎重な計画を考えています。 要するに、我々は、このクラブが再び競争を開始する準備をするために何をすべきかをするために、袖を上げている」

EFLのプロセスを尊重して、Sunderland AFC、Ellis Short、Stewart Donaldは、承認が得られるまで、クラブの販売についてコメントすることはありません。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク