【第21節 アクリントン 0-3 SAFC】昇格に向け勝負の4月、まずはアウェイで快勝!

アウェイで快勝! (Image: Sunderland AFC)

延期分の試合が残っているため、4月は1か月で8試合の過密日程。数字上、勝ち続ければ自力で昇格可能ですが、とにかくこの1か月をどう乗り切るかにかかっています。

EFLトロフィー敗戦の影響が心配されましたが、開始4分にマッギーディーのゴールで先制すると、その後も何度もチャンスを作り前半終了間際にグリッグが追加点、79分には途中出場のスターリングが決めて3-0の快勝。

この試合はこれまでの4-2-3-1ではなく4-4-2でスタート。相変わらずチャンスで外しまくるワイクですが、ここのところワイクが絡んでの得点も増えてきていて、パフォーマンスは上がってきていると思います。前よりも9番らしいプレーもできているし、グリッグとの2トップも機能していたと思うので、これからの試合に期待したいです。

⇒ ハイライト


Accrington 0-3 SAFC

【得点】
0-1 4’ マッギーディー
0-2 45’ グリッグ
0-3 79’ スターリング

【スタッツ】
ボール支配率: 49% / 51%
シュート (枠内): 12(5) / 21(9)
コーナーキック: 2 / 6

■スタメン(4-4-2)
グリッグ   ワイク
マッギーディー          グーチ
マッギーオ   パワー
ヒューム ボールドウィン フラナガン オナイン
マクラフリン
交代 45′ マッギーディー ⇒ モーガン
70′ グリッグ ⇒ スターリング
87′ ワイク ⇒ レッドビター
サブ ライテル、オヴィエド、オズテュルク、ダン
オナイン、ワイク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする