フィジカル・パフォーマンス・コーチ

ニック・アランビー

フィジカル・パフォーマンス・コーチってあまり聞き慣れないなと思っていましたが…。

11月にボルトンから引き抜いたフィジカルパフォーマンスコーチのニック・アランビー。ブラッドフォード、ボルトンでもパーキンソン監督のもとコーチを務めていました。アシスタントマネージャーのスティーヴ・パーキンと共にパーキンソン体制に欠かせない存在。

現在のチーム好調の要因はやはり選手個々のパフォーマンスの向上ではないかと思いますが、あれだけ酷かった選手のパフォーマンスをここまで立て直したアランビー。さすがは”フィジカル・パフォーマンス・コーチ”といったところでしょうか。

とても良い練習の雰囲気

以前と比べて笑顔も多い練習の良い雰囲気。充実感が伺えます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク