来週にもリーグ1のシーズン打ち切りが決定する可能性

来シーズンも3部かぁ…。

リーグ1のクラブがシーズン終了の意思表示をしたことで、今シーズンも昇格を逃すことになりそうです。

<以下、記事の内容>

EFLの試合は3月中旬から中断されており、SAFCの最後の試合は3月10日のブリストル・ローバーズ戦でした。

クラブがまだトレーニングに復帰しておらず、明確な復帰日も設定されていないため、EFLは来週にはリーグ1とリーグ2のシーズンを終了させると報じられています。

EFLのリック・パリー会長は今週行われたデジタル・文化・メディア・スポーツ省の委員会で、契約上の問題からシーズンは7月31日までに終了しなければならないと述べ、現在は物流上(?)の問題を提示しています。

EFLはこれまで、プレーオフを含むシーズンを56日間で終了させる計画を発表していましたが、クラブの間ではシーズンの終了を望む声が高まっています。

そして来週、昇格と降格を決定する方法について投票が行われることになり、クラブはすでにいくつかの提案を提出しています。

『The Athletic』によると、ほとんどのクラブで好まれている方法は、1試合あたりのポイントを加重する方法。この方法では、各チームの1試合あたりの平均ポイントをホームとアウェーの試合でそれぞれ計算し、実際のリーグ戦でプレーした試合数をシミュレートするために22倍して算出します。

<サンダーランドの場合>

【ホーム】
38(勝点)÷19(試合数)×22=44

【アウェイ】
21(勝点)÷17(試合数)×22≒27.18

【トータル】
44+27.18=71.18

昇格クラブは?

上記の方法でポイントを算出すると、現在(シーズン中断まで)のトップ3であるコヴェントリーロザラムオックスフォードが昇格することになります。

ちなみにサンダーランドは順位を1つ下げて、8位で終了となります。

ポーツマスはこの計画に反対の意向を示しているようですが、来週にはおそらくシーズン打ち切りが決定しそうです。

順位 チーム 算出Pt
1位 コヴェントリー 86.71
2位 ロザラム 77.86
3位 オックスフォード 75.92
4位 フリートウッド 74.99
5位 ピーターバラ 74.92
6位 ウィコム 74.71
7位 ポーツマス 74.63
8位 サンダーランド 71.18

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク