【第24節 ウィンブルドン 0-3 SAFC】ワイクのハットトリックでリーグ戦4試合ぶりの白星

ハットトリックのワイク

ポート・ヴェイル戦で採用した4-2-2-2で臨むと幸先よく先制。しかしその後は追加点を奪えずミスからピンチを招く場面も。後半途中からシステムを4-3-3に戻すなど打開を図ると、ようやく87分にコーナーキックからワイクが決めて勝負あり。アディショナルタイムにはカウンターからワイクが冷静に決めてハットトリック達成。リーグ戦は4試合ぶりの勝利となりました。

ワイクはシーズン10点目で得点ランク3位タイに。

内容的にはまだまだですが、結果として複数得点・クリーンシートで終えられたことは自信になると思うので、次に繋げて欲しいところです。

ここから1月の残り4連戦は重要です。ホームで3試合とアウェイのイプスウィッチ戦、ここを連勝して一気に上位進出を目指したい!


Wimbledon 0-3 SAFC

【得点】
0-1 7’ ワイク
0-2 87’ ワイク
0-3 90+1’ ワイク

【スタッツ】
ボール支配率: 42% / 58%
シュート (枠内): 9(2) / 12(4)
コーナーキック: 5 / 3

■スタメン(4-2-2-2)
オブライエン     ワイク  
マッギーディー   エンブルトン
スコーウェン    レッドビター
マクファジーン  ライト  ウィリス  パワー 
バージ
交代 58′ エンブルトン ⇒ ウィンチェスター
72′ マッギーディー ⇒ ダイアモンド
81′ オブライエン ⇒ マグワイア
サブ マシューズ、オナイン、サンダーソン、ヤンガー

採点(Player Ratings)

SE: Sunderland Echo / CL: Chronicle Live / NE: Northern Echo / RR: Roker Report

SE CL NE RR
バージ 6 6 7
パワー  6 6 7
ウィリス 8 7 7
ライト 7 7 7
マクファジーン  5 6 6
レッドビター 6 7 6
スコーウェン 5 6 5
エンブルトン 6 7 7
マッギーディー 5 5 6
ワイク 9 9 9
オブライエン 6 7 5
ウィンチェスター  6 6 5
ダイアモンド 6 7 6
マグワイア 6

ハイライト

⇒ ハイライト(ロング)

⇒ フルタイム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする