【シーズンレビュー】2021-22シーズンを振り返る

今更ですが、サクッと2021-22シーズンの振り返り。

2021-22シーズンのトピックをまとめるとこんな感じでしょうか。

  • スタートダッシュ成功、首位で年越し
  • 大失速からのジョンソン監督解任
  • ニール新監督就任、プレーオフ進出
  • 昇格プレーオフを制し、2部昇格
  • スチュワート、シーズン26ゴール
プレーオフ決勝は、12分にエンブルトンのゴールで先制。79分にはスチュワートが追加点を決めて2-0で勝利! ついについに昇格、...

シーズン5位からプレーオフを制す

5位 得:失 Pts
Total 24 12 10 79 : 53 84
Home 16 3 4 49 : 19 51
Away 8 9 6 30 : 34 33

自動昇格も視野に入る中での年明けからの大失速、そして恒例の監督交代劇。今シーズンもまたダメなのかと諦めかけましたが、アレックス・ニール新監督のもと見事巻き返し、プレーオフを制して昇格を決めました。

ニール監督就任後は、18試合を10勝7分1敗の成績。

2021-22シーズン ゴール集

スチュワートゴール集

Player of the Season

私が選ぶ2021-22シーズンのMVPとMIP。

MVPは、あえてスチュワート以外から選出してみました。

<シーズンMVP>

アレックス・プリチャード

ハニマンが抜けて以来欠けていた司令塔という最後のピースが埋まりました。リーグ戦は36試合4得点9アシスト。カップ戦などを含めると14アシストの活躍。

この男の加入がなければ、昇格はなかったと言っても過言では無いと思います。

まだ29歳。新シーズンもチームを引っ張って行ってもらいたい。


<シーズンMIP>

アンソニー・パターソン

安定感を欠くバージ、ホフマンに代わりスタメン起用されると、シーズン後半にはレギュラー奪取。チャンスを見事に掴み、第3GKから正GKへ一気にステップアップしたシーズンとなりました。

2026年までの長期契約にもサイン。更なる飛躍を期待したい。

だいぶ時間が経ってしまいましたが、シーズンを振り返ります。 3部降格から3シーズン目となった2020-21シーズン、EFLトロ...
昨シーズンの悔しい思いを晴らすべく迎えたロス体制2シーズン目でしたが、序盤のつまずきからシーズン途中で解任。パーキンソン新監督を迎え...
2018-19シーズンの目標はとにかく1シーズンでの2部復帰。シーズンに入り、マジャの覚醒などもあり上位をキープする中で、優勝はでき...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 日本のサンダーランド好き より:

    投稿お疲れさまです!オフシーズンは、公式Youtubeで昇格の余韻に浸ってます笑
    プリチャードは推しだったので本当に嬉しいです!ハダースフィールド時代からお気に入りの選手だったので2部でも活躍してほしいです。
    それはそうと、ホフマンのブラウンシュバイクの移籍が決まりましたね。パターソンが覚醒したので後半戦は怪我をきっかけに出場機会がなかったですがいつか欧州の舞台で対戦したいです。

    • mash より:

      だいぶニュースが溜まってしまいました(^^;
      ホフマンはインパクトを残せませんでしたが、パターソンの覚醒は嬉しい限りです!
      これから移籍関連のニュースも活発になってくると思いますので、どんな選手がやってくるのか楽しみです。