【EFLカップ4回戦 オックスフォード 1-1 SAFC】PK戦で敗れベスト8ならず

リーグ戦からのメンバー変更は想定していましたが、まさかの3バック。ただ、失敗に終わった開幕時の3バックとは違い、中盤を厚くして守備を意識したパーキンソン監督らしい戦術は、短期間ながら選手にしっかり落とし込まれているようでした。アウェイ戦の戦い方をひと工夫しようという意図が見えます。

リンチの負傷で途中から4バックになりましたが、戦術変更にも上手く対応して追いついた点は評価したいです。内容は悪くなかったのでリーグ戦に繋げてほしい。


Oxford 1-1 SAFC (2-4 pens)

【得点】
1-0 25’ Hall
1-1 78’ マクナルティ

【スタッツ】
ボール支配率: 48% / 52%
シュート (枠内): 9(2) / 12(1)
コーナーキック: 2 / 10

■スタメン(3-5-1-1)
マクナルティ
マッギーディー
ヒューム パワー レッドビター ドブソン C.マクラフリン
リンチ   ウィリス   フラナガン
J.マクラフリン
交代 55′ リンチ ⇒ グリッグ
68′ ヒューム ⇒ オナイン
サブ パターソン、マッギーオ、キンピオカ、テイラー、コネリー

採点(Player Ratings)

SE: Sunderland Echo / CL: Chronicle Live / NE: Northern Echo / RR: Roker Report

SE CL NE RR
J.マクラフリン 6 7 6 6
フラナガン 6 5 6 5
ウィリス 5 6 7 6
リンチ 6 6 5 6
C.マクラフリン 6 6 6 7
ドブソン 6 6 6 7
レッドビター 6 6 6 7
パワー 5 5 5 5
ヒューム 6 6 6 5
マッギーディー 5 6 5 5
マクナルティ 7 6 5 7
グリッグ 6 5 4 6
オナイン 7 6 6

ハイライト

【ロングハイライト】

⇒ ハイライト

【ショートハイライト】

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク