【ベレネンセス 1-0 SAFC】敗戦も機能しつつある新フォーメーション

プレシーズン3戦目は0-1の敗戦。ただ3-4-3の新フォーメーションで攻撃の形は作れていたようです。オナインとの同時起用も考えてかコナーを3バックの右で起用するなど色々と試している感じ。

レーティングを見るとウィリスとエンブルトンが良かったようです。昨シーズンはリーグ2に武者修行に出ていた20歳のエンブルトン。今シーズンの目玉になるか。

Sunderland: J McLaughlin, Willis (Ozturk 65), Flanagan, C McLaughlin (Baldwin 84), O’Nien (Diamond 84), Hume (Gooch 72), Leadbitter (Power 72), McGeouch (Sammut 72), Embleton (Maguire 72), Watmore (Kimpioka 65), Grigg (Wyke 65).
Subs not used: Loovens, Burge, Robson, Patterson.

■スタメン(3-4-2-1)
グリッグ
エンブルトン   ワトモア
ヒューム  マッギーオ  レッドビター  オナイン
フラナガン  ウィリス  C.マクラフリン
J.マクラフリン

採点(Player Ratings)

SE: Sundeland Echo / CL: Chronicle Live / RR: Roker Report

SE CL RR
J.マクラフリン 6 6 6
C.マクラフリン 6 6 6
ウィリス 6 7 8
フラナガン 6 6 6
オナイン 6 6 6
レッドビター 6 6 7
マッギーオ 7 6 6
ヒューム 5 6 5
ワトモア 7 7 6
エンブルトン 8 7 8
グリッグ 6 5 5
オズテュルク 6 6 6
キンピオカ 6 6 6
ワイク 5 5 6
マグワイア 5 6 6
パワー 6 6 6
グーチ 6 6 6
サミュット 6 6 6

ハイライト

【90秒ハイライト】

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク