EFLが声明を発表

水曜日にSAFCのCEOジム・ロドウェルが声明を発表し、リーグ1の再開は可能であり、再開すべきだと主張しました。

打ち切りとなった場合でも、昇格へのわずかな可能性と期待を持ったプレーオフ拡大案ですが、EFLは消極的の様子。

EFLが提案する打ち切りとなった場合の順位の決定方法は、1試合あたりのポイント数を加重しない方式。1位と2位が自動昇格、3位から6位までがプレーオフを行い1チームが昇格。

加重なしポイントベースでは、サンダーランドは8位。再開することがない限り、昇格の可能性はゼロです。

<以下、記事の内容>

EFLのリック・パリー会長は次のように述べている。

“2019/20シーズンを打ち切ることがディビジョンで決定された場合、EFL理事会は、レギュレーションにできる限り忠実であり、全ディビジョンで採用されているアプローチに一貫性を持たせたいという強い希望があるため、特定された修正を加えたオリジナルの枠組みを採用することを提案しています”

“理事会は、すべてのクラブを満足させるための単一の解決策を見つけることは常に困難であることを認識してきましたが、リーグとそのメンバーのために、強力で明確な行動が今必要とされています”

EFL声明全文

EFL理事会は昨日、リーグが2019/20シーズンの終了方法を含め、COVID-19の危機に起因する多くの複雑な財務・運営上の問題に対処し続けている中、先週のクラブ会議の意見とその後の影響を検討するために会合を開きました。

クラブから寄せられた様々な提案と反論が検討され、その結果、先週金曜日に示されたリーグ2のようにディビジョンがシーズンを打ち切る決断を下した場合に備えて、理事会はEFL規則に採用されるであろう枠組みの草案を最終的に決定しました。

クラブは、理事会が正式にレギュレーションの変更を提案する前に、この問題をさらに検討する必要がある。

推奨される枠組みは以下の通りである。

(1) 現行のフォーマットで2019/20シーズンを再開することは、スポーツの健全性の観点から最も適切な行動であることに変わりはないが、理事会は(リーグ2で実証されたように)シーズンの打ち切りにつながる状況や、その後にシーズンを最後まで終えることができない状況が発生する可能性があることを受け入れている。

(2) つまり、早期打ち切り場合には、以下のようになります。

  1. 最終的なディビジョン順位は、1試合あたりの加重なしのポイントに基づいて決定されるべきである(必要な場合)。
  2. 昇格と降格は維持されるべきである。
  3. プレーオフはいかなる状況下でも行われるべきであるが(4チームを超えて)拡大すべきではない

(3) プレーオフを行うことができない状況が発生した場合は、EFL理事会が適切な措置を決定する。

(4) 理事会は、どのディビジョンにおいても2019/20シーズンを打ち切るために必要な過半数は51%であると考えている。シーズンを打ち切るかどうかは、各ディビジョンが決定する。

(5) プレミアリーグからナショナルリーグに至るまで、3つのディビジョンすべてにおいて降格の原則は、ナショナルリーグが2020/21シーズンを開始するという保証があれば(つまり、リーグ2の降格クラブにはプレーする場所があるという保証があれば)、ピラミッドの整合性に不可欠です。

(6) 規制上の解決策は、COVID-19の発生によってもたらされた現在の課題に関連性があり、具体的であるべきであり、すべての利害関係者が理解しやすい影響と正当化のための明確で効果的な結論に到達すべきです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク