新オーナーは22歳の大富豪!?

キリル・ルイ・ドレフュス氏

ついに新オーナー誕生か。

サンダーランドの株主でもあるフアン・サルトーリが、キリル・ルイ・ドレフュスと手を組み、クラブ株式の過半数取得に近づいているというニュース。

<以下、ノーザン・エコーの記事より>

スチュワート・ドナルドは、サルトーリとルイ・ドレフュスが率いるコンソーシアムに過半数の株式を売却し、自身も15%の株式を保持するという取引の枠組みに合意したと理解されている。また、現在の取締役会メンバーであるチャーリー・メスヴェンも、現在の約5パーセントの株式を維持することが明らかになっている。

現在クラブの取締役であり、クラブの20%の株式を持っているウルグアイ人実業家のサルトーリは、今シーズン初めにドナルドとの独占契約を結んでいた。

しかし、ルイ・ドレフュスとの提携のおかげで入札交渉の財務的枠組みがまとまってきたのは、ここ数週間のことだ。

マルセイユの元オーナー、ロベール・ルイ・ドレフュスの息子である22歳は、南フランスに家族を持つサルトーリの仲間でもある。

キリル・ルイ・ドレフュスは、双子の弟モーリスとともに2009年に亡くなった父の財産を受け継ぐ3人の相続人のうちの1人だ。ガーディアン紙の報道によると、彼は20億ポンド以上の価値がある資産を持っていると推定されており、その資産はマルセイユの株主である母親のマルガリータが保有しているという。

情報筋によると、ドナルドが過半数の株式を売却するプロセスを完了することに熱心で、クリスマス前には取引を完了させるべきだと示唆している。

今週初めには、最高経営責任者のジム・ロドウェルが、現在進行中の買収協議のためにクラブの状況についての最新情報を伝えることができないと主張し、多くのサポーター団体の代表者との予定されていた会合をキャンセルしたことで、買収話が激化した。

ロドウェルは声明の中で、「クラブは優先的な買い手との独占期間中であり、このプロセスの進展と繊細さのため、現時点で公にコメントすることは不適切である」と述べています。

パーキンソン監督は、MKドンズ戦の前日記者会見で買収の状況について聞かれ、現在進行中の進展については知らないと述べました。

「私自身としては、試合に向けてチームを準備することに集中したいだけです。もし買収が実現した場合は、新しいオーナーに会って、私の考えを伝え、前進するために必要だと思うことを伝えることを楽しみにしています。」

しかし、仮に新しいオーナーが資金を持っていたとしても、彼らがチームに投資する能力は、今夏に決まったサラリーキャップのルールによって厳しく制限されることになります。

サンダーランドはすでにリーグ1で認められている年間250万ポンドの上限に近づいているので、今から1月までの間に何が起ころうとも、パーキンソン監督は移籍市場が再開したときに大きな変更を加えることはできないだろう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク