【第40節 SAFC 1-3 シェフィールド・ウェンズデイ】残留が遠のく痛すぎる敗戦

すぐに追いついたところまでは良かった…

かすかな希望が見えたと思いきや、今シーズンを象徴する敗戦。連勝できない、ホームで勝てない。ライブコメンタリーを聴いてましたが、前半から流れはこちらだったと思います。スタッツを見て分かるように、これまでとは違って攻撃の形はしっかり作れていたので、先制点を取れなかったのが悔やまれます。

今節もバーミンガムが勝ったので、状況は厳しくなりました。

19 レディング   39
20 ボルトン    39
21 バーミンガム  39
------------
22 バーンズリー  34
23 サンダーランド 31
24 バートン    31

残り6試合、レディング戦ボルトン戦が残ってはいます。可能性はまだゼロではないので、信じて応援するしかないです!
※訂正:残っていたのはボルトン戦ではなくバートン戦でした…

⇒ ハイライト


SAFC 1-3 Sheffield Wednesday

【得点】
0-1 59’ João
1-1 61’ ハニマン
1-2 68’ Lees
1-3 75’ Nuhiu

【スタッツ】
ボール支配率: 53% / 47%
シュート (枠内): 21(7) / 8(5)
コーナーキック: 10 / 1

■スタメン(4-1-4-1)
フレッチャー
マッギーディー ハニマン マクネア グーチ
カタモール
オヴィエド ウィルソン オシェイ ラヴ
キャンプ
交代 64′ オヴィエド ⇒ マシューズ
83′ グーチ ⇒ アソロ
83′ ハニマン ⇒ エジャリア
サブ スティール、ルアルア、マクマナマン、マジャ
マッギーディー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする