【第32節 オックスフォード 1-1 SAFC】またも終盤に追いつかれ痛恨のドロー

初ゴールのダン

またも悪夢が…。34分にコーナーキックからダンが決めて先制しますが、追加点が取れないまま終盤を迎えると87分に追いつかれドロー。なかなか波に乗れません。

グリッグが初スタメンでしたが見せ場は作れず。相変わらず攻撃の形が作れてません。グリッグにボールが入らないのに加え、両WGが前向いても引っかかる(特にマッギーディー)ので、簡単にカウンターを喰らいやすいです。

今はとにかく勝ち点を落とさないことが重要。まずはここからの2月4試合を全部勝ちきってほしい。

⇒ ハイライト


Oxford 1-1 SAFC

【得点】
0-1 34’ ダン
1-1 87’ Browne

【スタッツ】
ボール支配率: 58% / 42%
シュート (枠内): 12(4) / 5(2)
コーナーキック: 5 / 8

■スタメン(4-2-3-1)
グリッグ
マッギーディー   ハニマン    モーガン 
パワー    レッドビター
ジェイムズ  ダン  ボールドウィン マシューズ
マクラフリン
交代 60′ マッギーディー ⇒ ワイク
68′ モーガン ⇒ グーチ
79′ グリッグ ⇒ オナイン
サブ ライテル、マッギーオ、フラナガン、ワトモア
ジェイムズ、グーチ、オナイン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする