【第1節 SAFC 1-1 オックスフォード】開幕戦はドロー、まだまだ課題が残る新システム

いよいよ開幕した新シーズン。目標は勝ち点100です。

期待していた新システムでしたが、3バックの良い面も悪い面も出ていた感じで、特に守備はまだまだ課題が多そうです。

ドローは残念ですが、攻撃面では人数をかけた厚みのある攻撃ができていて、昨シーズンにはない迫力を感じました。


SAFC 1-1 Oxford

【得点】
0-1 14’ Fosu
1-1 49’ グーチ(PK)

【スタッツ】
ボール支配率: 59% / 41%
シュート (枠内): 9(3) / 6(2)
コーナーキック: 6 / 4

■スタメン(3-4-1-2)
マクナルティ   グリッグ
エンブルトン
ヒューム  マッギーオ  ドブソン  グーチ
フラナガン  ウィリス  C.マクラフリン
J.マクラフリン
交代 59′ エンブルトン ⇒ ワトモア
71′ グリッグ ⇒ マッギーディー
82′ グーチ ⇒ マグワイア
サブ バーグ、オズテュルク、オナイン、レッドビター
グーチ

採点(Player Ratings)

CL: Chronicle Live / NE: Northern Echo / RR: Roker Report

CL NE RR
J.マクラフリン 6 7 4
C.マクラフリン 6 5 6
ウィリス 6 6 5
フラナガン 6 6 5
グーチ 7 5 6
ドブソン 6 6 5
マッギーオ 6 7 8
ヒューム 5 5 5
エンブルトン 6 5 5
マクナルティ 7 6 7
グリッグ 6 5 5
ワトモア 7 6 6
マッギーディー 6 6
マグワイア 6 6

ハイライト

【ロングハイライト】

⇒ ハイライト

【ショートハイライト】

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク