マッギーディー1月退団へ、監督との対立が原因か…

マッギーディーは1月に退団することになりそうです。

“training ground incident”(練習場での事件?)という報道で、詳しい原因は分かりませんが、パーキンソン監督からマッギーディーに対し、移籍先を探すよう通告したようです。

既に練習には参加しておらず、週末のブラックプール戦もメンバー外になる見込み。

※以下、本日行われたパーキンソン監督の記者会見の記事より
(Chromeの翻訳なので分かりづらいかもしれません)

マッギーディー放出の決定について

「私たちは1月についてエイディと話をしており、先に進んで何かを整理する機会を彼に与えるように彼に伝えるのは彼にとって公平だと感じています」

「それは私が前進するチームに集中する機会を与えてくれるし、彼が前進するための最良の決定だと思う」

この決定は、練習場での事件の後のことですか?

「これは特定の事件ではありません。これは私が下した決定であり、エイディと彼の代理人に十分早く計画を立てられるように伝えたかったので、1月の計画も立てたいと思います」

「これは大きな決断であるが、軽々しく決めたものではない。多くのことを考えており、クラブにとって正しい決断であると確信している」

マッギーディーを放出するのはなぜですか?

「監督と選手間の会話は非公開にならなければならないと思います。1月はもうすぐです。そのための計画を立てており、エイディに十分な時間を与えたかったのです」

ドレッシングルームの雰囲気はどうですか?

「試合に勝てないときは、常に意見の不一致があります」

「ドレッシングルームの団結は、クラブを前進させるために絶対に欠かせないものです。私たちは良いチームを持っています。全員が結果に不満を感じていますが、状況を変えるためにできる限りのことをしています」

監督の采配に対する批判について

「結果は十分ではなく、私たちはそれを受け入れなければなりません」

「解決策を見つけるのは私自身、私のスタッフ、選手次第であり、私たちはそれに向けて取り組んでいます」

選手を最大限に活用するためにまだ時間が必要ですか?

「ええ、私たちはもっと脅威を与える方法を見つける必要があると思います。誰もが最近の試合では十分に戦えていないことを知っていると思います」

「90分間、パフォーマンスを維持する方法を見つける必要があります。得点力を改善するために、チームのバランスを適切にとる必要があります」

「私たちはもっと相手に脅威を与える方法を見つけなければなりません」

「チャーリーとマクナルティは先週復帰し、グーチも今週復帰しました。もっとやらなければならないことがあり、もっとできると確信しています」

選手は自信を失っていますか?

「チームがいくつかの良くない結果を出したとき、必然的に自信が落ちると思います」

「しかし、そこから抜け出す方法は1つしかありません。それは全員でしっかり練習して準備し、土曜日の午後に臨むことです」

週末のブラックプール戦

「タフなゲームになります。彼らには経験豊富なリーグ1の選手がいて、先週末はフリートウッドに対して非常に良い勝利を収めました。彼らは強力なチームです」

「私たちは次の週は試合がありません。今節はクリスマス期間に入る前の私たちにとって大きなゲームです」

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク