【第6節 スウィンドン 0-2 SAFC】2トップ揃い踏み、アウェイで快勝

優勢に試合を進めながらも決定機が作れないいつもの流れでしたが、37分にグーチのクロスをワイクが合わせて先制。57分にはマグワイアがPKでリードを広げ2-0で快勝。

後半は相手にペースを握られる時間帯もありましたが、最後まで集中を切らさずリーグ戦では4試合連続のクリーンシート達成。


Swindon 0-2 SAFC

【得点】
0-1 37’ ワイク
0-2 57’ マグワイア(pen)

【スタッツ】
ボール支配率: 57% / 43%
シュート (枠内): 7(1) / 9(5)
コーナーキック: 1 / 7

■スタメン(3-5-2)
ワイク    マグワイア
 パワー    スコーウェン
 グーチ    レッドビター   マクラフリン
オナイン  ライト  ウィリス
バージ
交代 19′ ウィリス ⇒ ダイアモンド
89′ マグワイア ⇒ オブライエン
サブ マシューズ、ドブソン、グレアム、グリッグ、ヤンガー

前半に負傷交代したウィリスは後半開始前には松葉杖姿だったので、早期復帰は難しいかもしれません。ヒュームは膝の怪我で、グーチが左ウィングバックでスタメン出場。

怪我人続出ですが、監督はヒュームのバックアッパーとしてフリーの選手を獲ることも考えているようです。

採点(Player Ratings)

SE: Sunderland Echo / CL: Chronicle Live / NE: Northern Echo / RR: Roker Report

SE CL NE RR
バージ 6 6 6
ウィリス 6 6 6
ライト 7 7 8
オナイン 7 7 7
マクラフリン 7 6 7
グーチ 7 7 7
スコーウェン 7 6 6
レッドビター  8 8 8
パワー 7 7 7
マグワイア 7 7 7
ワイク 7 7 7
ダイアモンド 7 6 5
オブライエン 6

ハイライト

⇒ ハイライト

⇒ フルタイム

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. さべいじ より:

    とりあえずようやくFW陣からゴールが生まれよかったです。
    が、心配なのはセンターバックに怪我人続出なこと。
    サンダーソンをローンで獲れたのは良かったですが、ウィリスが長期離脱となれば、フィーニー、ジェマイリの比ではないダメージですね…。

    • mash より:

      過密日程が続く中で痛すぎます。
      ウィリスとライトは代えがきかないですからね。
      これ以上怪我人が出ないことを祈るばかりです。