【第21節 アクリントン 0-2 SAFC】アウェイで強し、しっかり勝ち切って3位浮上

デビュー戦でゴールのスチュワート

連戦の疲れも見える中、後半開始から出場したスチュワートのデビューゴールで先制。さらに追加点が欲しい終盤86分にはコーナーキックをワイクが頭で決めて勝負あり。

今シーズン結果を残しているアウェイでしっかり勝ち切り、直近8戦7勝。3位浮上です!

次戦は4位リンカーンとの直接対決。


Accrington 0-2 SAFC

【得点】
0-1 62’ スチュワート
0-2 86’ ワイク

【スタッツ】
ボール支配率: 47% / 53%
シュート (枠内): 6(0) / 12(5)
コーナーキック: 3 / 7

■スタメン(3-4-3)
ワイク
マッギーディー         ダイアモンド
ヴォーキンス  ウィンチェスター  パワー  グーチ
 オナイン  サンダーソン  マクラフリン
バージ
交代 46′ ダイアモンド ⇒ スチュワート 
69′ マッギーディー ⇒ スコーウェン
85′ グーチ ⇒ レッドビター
88′ ワイク ⇒ マグワイア
88′ ヴォーキンス ⇒ マクファジーン 
サブ マシューズ、ユンガー 
グーチ、マッギーディー

採点(Player Ratings)

SE: Sunderland Echo / CL: Chronicle Live / NE: Northern Echo / RR: Roker Report

SE CL NE RR
バージ 6 6 6
マクラフリン 7 6 7
サンダーソン 7 7 8
オナイン 7 7 5
グーチ 6 7 6
パワー 7 7 7
ウィンチェスター  9 8 7
ヴォーキンス 6 6 7
ダイアモンド 6 7 5
マッギーディー 6 7 7
ワイク 7 7 7
スチュワート 8 7 7
スコーウェン 6 6
レッドビター 6
マグワイア 6
マクファジーン 6

ハイライト

⇒ ハイライト(ロング)

⇒ フルタイム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さべいじ より:

    ようやくデビューと思ったらいきなり決勝点。ノッてるチームは違いますね笑
    このままリンカーンに引導を渡し、ブリストルR戦を勝って3月全勝で行きたいところです。mashさんも気にしていたように、バートンが監督ってのがいやらしいんですが。。

    勝負の来月はなんといってもピーターバラ、ハルとの直接対決がありますが、ボウヤー退任→アドキンス就任のチャールトンも気になります。
    2シーズン前に希望を打ち砕かれた相手ですし。

    そういえば19-20のEFLカップ決勝って、我々の前日にやってたんですね。
    最初見たとき???ってなりました。
    そして負けたポーツマスは監督解任…。
    新監督はパーキンソン解任後、ウチでも噂のあったカウリーに決まったようです。
    まあ、今シーズンはプレーオフ圏内を狙うのが現実的な目標でしょうね。

    差がつきましたなぁ〜

    • mash より:

      昨日の試合勝ってれば2位浮上だっただけに残念でした〜。
      次戦も嫌な相手ですが、勝って3月無敗と行きたいです。

      チャールトンもポーツマスも巻き返してくるでしょうから、プレーオフには絶対回りたくないですね。
      何としても自動昇格です!