プレーオフ決勝プレビュー

いよいよプレーオフ決勝、相手は終盤怒濤の勢いで3位フィニッシュのチャールトン。

今シーズンの対戦成績は、1勝1分

早々にPKで先制され苦しい展開でしたが、後半からシンクレアを投入、システムも3-5-2(マジャとシンクレアの2トップ)に変更すると流...
開始から主導権を握り前半2分に先制。その後チャンスは作るも追加点が取れない展開が続くと、後半は逆に攻め込まれ50分に追いつかれる。最...

要注意はFWライル・テイラー

チャールトンで最も要注意な選手は、昨年ウィンブルドンからサンダーランドのオファーを蹴ってチャールトンに加入したFWライル・テイラー。

今シーズン、リーグ戦(プレーオフ含む)で43試合22得点10アシスト。

リーグ戦でもかなり手を焼いた相手。この選手をどう抑えるかがカギ。

予想スタメン

マッギーディーは間に合わなそうです。無理してベンチ入りさせるか分かりませんが。こうなると期待がかかるのはマグワイア。今のチームで他に得点を期待できる選手はいません。内容はどうでもいいです。とにかく勝って昇格を!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. サマービー より:

    ウェンブリーは鬼門ですね…来シーズンまで昇格はお預け。