シーズン序盤戦の結果に満足のパーキンソン監督

ここまで開幕10試合で6勝3分1敗で勝ち点21。

イプスウィッチに勝利したことで、今シーズンのスタートは成功したとパーキンソン監督は感じているようです。

また、リーグ戦での唯一の敗戦が昇格のライバルとなる可能性の高いポーツマスであったことを考えると、選手たちのこれまでのパフォーマンスにも満足しているようです。

<パーキンソン監督のコメント>

「最初の10試合が重要と言っていたが、この結果には満足しています。」

「我々より上のチームはいくつかあるが、ここまでの結果には満足しています。まだまだ良くなることができるし、それに向けて努力していきます。」

「試合日程が発表されたときには、厳しいスタートになると言われていました。良いチームを相手にタフな試合も何度かあったが、一度の敗戦だけで乗り切ることができました。」

「アウェイでのチャールトン戦を見た人なら誰もが勝てばよかったと言うと思うが、結果には満足しなければならない。この10試合ではタフな展開が続いていたので、21ポイントを獲得できたことを喜ばなければなりません。」

試合終盤でのゴールが重要(レッドビター)

イプスウィッチ戦で試合を決めるPKを決めたレッドビター、チームの試合終了間際のゴールは今季3度目。

レッドビッターは、今シーズン昇格を目指すのであれば、タフな試合での試合終盤のゴールを続けなければならないと話しています。

<レッドビターのコメント>

「良い相手との対戦で大きな勝利でした。我々が成功するためには、タフな試合で勝つ必要があります。」

「昇格するためにもリーグ優勝するためにも、終盤にゴールを決めなければなりません。その力が必要です。過去の経験から言うと、それを積み重ねて、シーズンを通して継続していく必要があります。」

「終盤にゴールを決めることができるという信念が必要です。それは、グループとしてクラブとして築き上げていかなければならないものです。」

「これまでの昇格やリーグ優勝の経験から、1試合2ポイントがベースになると思います。」

「それを目標にしたいと思っています。10試合で勝ち点21は満足できる結果ですが、僕らは日々前進し続けて改善していく必要があります。」

「我々は試合に勝ち続けたいと思っているし、カップ戦も2試合控えています。勝ち続けたいし、勝つことが自信につながります。」

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク