キリル・ルイ・ドレフュス氏が新会長に正式就任

キリル・ルイ・ドレフュス氏(23)によるクラブの支配権取得がEFLに承認され、ルイ・ドレフュス氏は新会長に正式に就任。イングランド史上最年少の会長の誕生です。

スチュワート・ドナルド、ファン・サルトーリ、チャーリー・メスヴェンがそれぞれ少数株主となりました。

ドナルド前会長のコメント

「キリル・ルイ・ドレフュスを新会長としてクラブに迎えられたことを嬉しく思います。キリルのコミットメント、洞察力、誠実さに納得して彼の提案を受け入れました。サンダーランドに成功をもたらしたいという彼のビジョンと願望は当初から明らかであり、彼の提案はクラブに長期的な成功と持続可能性をもたらす最高のチャンスを与えてくれるものだと私たちは感じています。」

「3年前にエリス・ショートとの交渉に入った時、サンダーランドは2億ポンド近い借金、年間3500万ポンドの損失を抱え、リーグ1に降格しました。私たちの計画は、クラブの財政を立て直し、安定した基盤を築き、チャンピオンシップに再び昇格するために懸命に働くことでした。クラブは無借金で、パンデミックの前には収支均衡を保っており、カテゴリー1のアカデミーとしての地位を維持していました。しかし、リーグ1史上最高額の移籍金と選手の賃金を費やしたにもかかわらず、ピッチ上での進歩が追いついていないことは周知の事実です。これはオーナーである私たちにとって苦い失望であり、この点で不十分だったことをお詫びするしかありません。」

「私たちは、キリルをトップに据えた新しい経営陣が、最終的に黒字化を完了させ、クラブを再びプレミアリーグに復帰させることができると願っているし、信じています。」

ルイ・ドレフュス新会長のコメント

「スチュワート、取締役会、EFLにはここまでのプロセスにおける勤勉さとサポートに感謝したいと思います。この歴史あるクラブの管理者になれたことを誇りに思いますが、それに伴う重大な責任も認識しています。今日はサンダーランドAFCの歴史の中でエキサイティングな新しい章の始まりであり、サッカーが直面している現在の状況は、克服すべき課題があることを示していますが、私は一緒に現在の嵐を乗り切り、クラブに持続可能で長期的な成功をもたらすための強固な基盤を築くことができると確信しています。」

クラブ買収の件、まだまだどうなるかは分かりませんが、以前ニュースになったエナジードリンクの人よりは可能性が高そうなので、早いところ決...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする