【EFL Trophy 準決勝】PK戦を制し決勝進出、2シーズンぶりのウェンブリーへ

リーグ戦で首位を走るリンカーン相手に先制を許しますが、マッギーディーからワイクのホットラインで追いつくと、90分では決着が付きませんでしたがPK戦を制して決勝進出。2年前のリベンジを果たすべくウェンブリーへ!

相手は準決勝でオックスフォードを破ったトランメア。

▼EFL Trophy 決勝

SAFC vs トランメア
(3/14@Wembley Stadium)
※日本時間3/15午前0時キックオフ


SAFC 1-1 Lincoln (5-3 PK)

【得点】
0-1 64’ Scully
1-1 75 ワイク

【スタッツ】
ボール支配率: 54% / 46%
シュート (枠内): 9(7) / 9(3)
コーナーキック: 3 / 2

■スタメン(4-3-3)
ワイク
マッギーディー            グーチ 
スコーウェン  レッドビター  ニール 
マクファジーン  オナイン  ライト  パワー 
バージ
交代 45′ ライト ⇒ マクラフリン
60′ スコーウェン ⇒ ダイアモンド
61′ ニール ⇒ マグワイア
83′ グーチ ⇒ オブライエン
サブ マシューズ、ジョーンズ、アルモンド  
オナイン、マクラフリン

採点(Player Ratings)

SE: Sunderland Echo / CL: Chronicle Live / NE: Northern Echo / RR: Roker Report

SE CL NE RR
バージ 6 7 6 6
パワー 6 7 6 6
ライト 7 7 6 6
オナイン 7 7 8 6
マクファジーン  5 6 6 6
ニール 5 6 6 7
レッドビター 6 7 8 4
スコーウェン 5 6 6 5
グーチ 5 6 7 4
マッギーディー  7 8 8 6
ワイク 7 7 7 7
マクラフリン 7 7 7 6
ダイアモンド 6 7 6 6
マグワイア 6 7 7 7
オブライエン 6 6

ハイライト

⇒ ハイライト(ロング)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さべいじ より:

    リーグ戦に続き、またもマクギーディ→ワイクのヘッドでしたね〜。まさにホットライン。
    ライトの怪我が気になるところ。層の薄いCB陣ですが、補強の予定はないみたいですね。
    サンダーソン、マクラフリン、オナインでなんとか乗り切って、ライトとフラナガンの復帰を待つ感じでしょうか。

    決勝はリーグ2のトランメアですが、ピーターバラやオックスフォードを破ってきているあたり、まったく油断できませんね。

    ファンになって以降、ウェンブリーでの勝利を経験したことが一度もありませんので(3戦全敗)、なんとか今回は優勝して昇格に弾みをつけたい!

    • mash より:

      得点力不足に悩まされてきましたが、ここにきてホットラインの確立は大きいです。
      今後も週2試合ペースが続くので怪我人だけが心配ですね。
      オナインの存在が大きいです。どのポジションでも期待以上のパフォーマンスを見せてくれるので本当に助かります。
      リンカーン相手に良い内容だったと思うので、この調子でリーグ戦も勝ち続けて欲しい!