【第17節 リンカーン 0-4 SAFC】これまでの鬱憤を晴らす4発快勝!

現在2位と好調のリンカーンとの一戦は、激しいカウンター合戦になりました。

序盤に2度あったキーパーと1対1のピンチはヒヤヒヤしましたが、その後もリスクを恐れず攻め続けると、今までにない決定力の高さを見せ4得点で難敵を粉砕。さらにDF陣の奮闘もありクリーンシート達成。リーグ戦は6試合ぶりの勝利となりました。

1週間前とは見違える選手のパフォーマンス。早くもジョンソン監督の攻撃的サッカーが浸透しつつあるのでしょうか。ここから新たなスタート。過密日程が続きますが、一気に巻き返したい!


Lincoln 0-4 SAFC

【得点】
0-1 16’ レッドビター(PK)
0-2 25’ ワイク
0-3 42’ ダイアモンド
0-4 72’ ワイク

【スタッツ】
ボール支配率: 42% / 58%
シュート (枠内): 6(1) / 14(9)
コーナーキック: 3 / 3

■スタメン(4-3-3)
ワイク
マッギーディー       ダイアモンド
スコーウェン  レッドビター  パワー 
マクファジーン フラナガン ライト マクラフリン
バージ
交代 45′ ダイアモンド ⇒ マグワイア
68′ スコーウェン ⇒ ドブソン
77′ マッギーディー ⇒ エンブルトン
77′ マクラフリン ⇒ サンダーソン
82′ ワイク ⇒ グリッグ
サブ マシューズ、グレアム
ダイアモンド、マクラフリン、レッドビター

カップ戦に続きスタメン抜擢のダイアモンドが躍動。前半にイエローカードをもらったことで前半のみで交代となりましたが、リーグ戦初ゴールを決めるなど勝利に大きく貢献。

マッギーディーも随所に良いプレーを見せてくれました。2シーズン前の良かった頃のキレが戻ってきている感じがします。

ワイクはこれでリーグ7得点目、頼れるエースになりつつあります。

採点(Player Ratings)

SE: Sunderland Echo / CL: Chronicle Live / NE: Northern Echo / RR: Roker Report

SE CL NE RR
バージ 8 7 7 7
マクラフリン  7 7 7 8
ライト 7 7 6 7
フラナガン 8 7 7 7
マクファジーン  7 6 7 6
パワー 8 7 7 8
レッドビター 8 7 7 8
スコーウェン 7 7 8 6
ダイアモンド 9 8 7 8
マッギーディー 7 7 7 8
ワイク 9 8 8 8
マグワイア 7 7 7 8
ドブソン 7 7 6 7
エンブルトン 7 6 7
サンダーソン 7 6 7
グリッグ 7 6

ハイライト

⇒ ハイライト(ロング)

⇒ フルタイム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さべいじ より:

    久々に良い試合でしたねー。
    カウンター食らった時は「またか…」と思いましたが、相手のミスにも助けられました。
    MOMはワイクかなーと思いますが、勢いがついたのは間違いなくダイアモンドのおかげ。
    マクギーディも良かったです。

    • mash より:

      だいぶヒヤヒヤさせられましたが、良い試合でした!
      4得点も自信になりますね。次節も期待しましょう!

  2. せせにょん より:

    これは大きい!!また負けるんだろうなーと思っていたのでビックリです笑
    ダイアモンドいいですね〜!マグワイアは中々キレのあるドリブルで流石といった感じで、あとワイクも笑
    これを機に勢いがつくといいですね^^

    • mash より:

      この勝ちは本当に大きいです!みんな良いパフォーマンスを見せてくれました。
      この勢いで次節も期待したいです!