【第8節 フリートウッド 2-2 SAFC】アディショナルタイムに追いつかれ悔しいドロー

シーズン5点目のスチュワート

ここまで1点差ゲームをモノにしてきましたが…。

19分にセットプレーからスチュワートが頭で合わせて先制。76分にはPKで追加点。これで勝利確実と思いましたが、81分に一瞬の隙を突かれ失点。さらにアディショナルタイム7分、ゴール前の混戦でライトがファウルを犯しPKを献上。この試合で大活躍のホフマンもPKを止めることはできず、土壇場で追いつかれてドロー。

2位ウィガンが勝利したため、勝ち点で並ばれ得失点差で2位に後退となりました。


Fleetwood 2-2 SAFC

【得点】
0-1 19’ スチュワート
0-2 76’ マッギーディー(PK)
1-2 81’ Morton
2-2 90+7’ Garner(PK)

【スタッツ】
ボール支配率: 44% / 56%
シュート (枠内): 12(4) / 14(5)
コーナーキック: 7 / 4

試合の終わらせ方は、まだまだ課題がありそうです。最終ラインを厚くするのはいいと思いますが、一方的に受け止めるだけでなく、前線でボールキープするとか、上手く時間を使う工夫をしてほしい。

採点(Player Ratings)

SE: Sunderland Echo / CL: Chronicle Live / NE: Northern Echo / RR: Roker Report

SE CL NE RR
ホフマン 7 8 8 8
ウィンチェスター  6 7 6 7
ライト 6 6 6 3
ドイル 7 7 6 6
サーキン 7 6 7 7
オナイン 7 6 6 7
ニール 6 7 6 6
グーチ 6 5 5 6
エンブルトン 6 6 7 7
マッギーディー 6 6 6 7
スチュワート 6 7 8 7
エヴァンズ 6 7 6 7
ブロードヘッド 6 6 6
アウヴェス 6 6 6

ハイライト

⇒ ハイライト(ロング)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さべいじ より:

    あの時間帯にPKというのはなかなか堪えます。
    ライトがファールをとられたわけですが、厳しい判定にも感じました。ただ、ウチがもらったPKも似たようなものなので、文句言えないところかな…。
    ライトは最初の失点にも関与してしまい、散々な結果に。
    これだと次節以降はフラナガンにスタメン返上でしょうね。
    それどころか冬の補強次第では放出候補もあり得そうな…。

    唯一良かったのは、ホフマンがビッグセーブを連発したこと。
    2ポイントを落としたと考えるよりは、彼のおかげで1ポイント取れたと考えた方が良いかも。と思いました。

    • mash より:

      残り10分からですからね。
      一番やってはいけないパターンでした。

      ライトがこれまで控えだったのは頷けますね。
      フラナガンは累積警告で出場停止だったのが悔まれます。
      6試合でイエロー5枚はもらいすぎな気もしますが…。

      この試合を教訓にして改善してほしいです。