【ハーツ 0-2 SAFC】マッギーディー2得点、ドイル鮮烈デビュー

プレシーズン2戦目の相手は、スコットランド1部に復帰したハーツ。試合はPKを含むマッギーディーの2得点で勝利。

新戦力ではドイルがスタメン出場、エヴァンズが途中出場。残念ながらプリチャードはコロナ陽性が判明し欠場となりました。

1点目はゴール前に抜け出したスチュワートがGKに倒されてPK。2点目はグーチのパスに左足を振り抜きゴール。マッギーディーは順調な仕上がりのようです。

ドイルは17歳とは思えない落ち着き。高さでも1対1でも強さを見せ、文句なしのパフォーマンスを見せてくれました。まだプレシーズン1試合だけですが、今シーズン十分戦力になってくれると思います。

ハイライト


Hearts 0-2 SAFC

【得点】
0-1 14’ マッギーディー(PK)
0-2 41’ マッギーディー

■スタメン(4-4-2)
オブライエン   スチュワート
 マッギーディー             グーチ 
エンブルトン    ニール
ダイス   ドイル   フラナガン   ウィンチ
パターソン
交代 46′ ダイス ⇒ ダイアモンド 
61′ オブライエン ⇒ リチャードソン
61′ ニール ⇒ エヴァンズ
61′ スチュワート ⇒ グリッグ
76′ ウィンチェスター ⇒ テイラー
76′ ドイル ⇒ ユンガー
76′ マッギーディー ⇒ ワイルディング
サブ バージ

右サイドバックにはウィンチェスターを起用、左サイドバックにはタイリス・ダイスという聞かない名前が。

今夏加入した20歳の選手のようですが、守備にやや難ありか。前半で退き、後半からはグーチが左サイドバックを務めました。

タイリス・ダイス(Tyrese Dyce)

ウェストブロムを退団後、昨シーズン後半にサンダーランドの練習に参加しU23の試合に2試合出場。7月1日に1年契約で正式に加入。

採点(Player Ratings)

SE: Sunderland Echo / CL: Chronicle Live / NE: Northern Echo / RR: Roker Report

SE CL NE RR
パターソン 7 6
ウィンチェスター  6 6
フラナガン 5 5
ドイル 8 9
ダイス 5 6
ニール 6 6
エンブルトン 6 7
グーチ 7 7
マッギーディー 7 8
スチュワート 7 7
オブライエン 6 5
ダイアモンド 7 6
リチャードソン 6 6
エヴァンズ 6 6
グリッグ 5 6
テイラー 6 6
ユンガー 6 6
ワイルディング 6 6

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 日本のサンダーランド好き より:

    ナイス勝利です‼︎
    ドイル、いい感じみたいですね‼︎怪我しなくてそれを維持してくれればいいのですが…
    やはり、サイドバックもう少し人数欲しいですね…ウィンチェスター右サイドバックがどのくらい良かったか分からないですが、できれば中盤で使ってあげたい気がします。
    ヒュームの契約更新、もしくは、コールマンの獲得、期待しています‼︎
    何はともあれ、今シーズンのスタートはとりあえずいいスタートを切れました‼︎

    • mash より:

      ドイルは体つきが17歳に見えません。フィジカルも強そうなので期待したいです。
      ウィンチェスターは、まあ可もなく不可もなくでした。右SBはオナインがいますが、もう1人補強しておきたいですね。
      プレシーズンの試合数が例年より多いので開幕までにしっかり仕上げてほしいです。

  2. さべいじ より:

    仕事もあったしで10ポンドをケチって見ませんでしたが笑、ドイルの評判は1試合でうなぎ上りですね!「将来のイングランド代表」なんて言ってる人も。
    ハイライトで確認したところ、ホントに17歳に見えない体つき。足元の技術もかなり高そう。これはスカウトのファインプレーですね。

    • mash より:

      ドイルはレギュラー確定で!
      ライトとのコンビを早く見たいですが、ウィガンが狙っているようで、やめてほしい。