【第4節 SAFC 1-0 ウィンブルドン】3月以来のクリーンシートでの勝利

前節の悔しい敗戦を払拭するためにも負けられない一戦。

序盤から主導権を握りますが、なかなかゴールを決めることができず。後半も我慢の時間が続きましたが、64分にウィンチェスターのゴールでようやく先制。その後は得点を許さず1-0で勝利。4戦3勝として5位浮上。

GKバージのウォームアップ中の負傷で急遽出場となったパターソンは、リーグ戦初出場でクリーンシートを達成。


SAFC 1-0 Wimbledon

【得点】
1-0 64’ ウィンチェスター

【スタッツ】
ボール支配率: 53% / 47%
シュート (枠内): 12(6) / 5(2)
コーナーキック: 8 / 3

■スタメン(4-2-3-1)
 スチュワート
マッギーディー   プリチャード     グーチ  
オナイン   エンブルトン
 ニール   ドイル   フラナガン   ウィンチ 
パターソン
交代 72′ マッギーディー ⇒ ブロードヘッド
72′ プリチャード ⇒ サーキン
83′ エンブルトン ⇒ ライト
サブ バージ、アウヴェス、オブライエン、ホークス 
グーチ、フラナガン、オナイン

気がかりな両ウイング

今節、前節の試合を見ていて気がかりなのが、両ウイング。

マッギーディーもグーチもサイドでボールを受けてもなかなかチャンスを作れず、中途半端なプレーからカウンターを喰らう、これまで何度も見た悪い時のパフォーマンス。

(私感ですが)グーチのプレーぶりは、特にストレスを感じます。

状態が悪ければ、ホークスやダイアモンドを起用して欲しい。ダイアモンドについては、ローンで出すという話もあるようですが…。

採点(Player Ratings)

SE: Sunderland Echo / CL: Chronicle Live / NE: Northern Echo / RR: Roker Report

SE CL NE RR
パターソン 6 6 7 6
ウィンチェスター  8 7 8 9
フラナガン 7 6 7 8
ドイル 6 7 8 8
ニール 7 7 7 8
エンブルトン 7 7 6 7
オナイン 6 7 7 6
グーチ 6 7 8 6
プリチャード 5 8 7 6
マッギーディー 5 6 6 5
スチュワート 6 7 6 6
ブロードヘッド 6 6 6
サーキン 6 6 7
ライト 6 6 6

ハイライト

⇒ ハイライト(ロング)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 日本のサンダーランド好き より:

    内容が悪くても勝ったのは良かったんじゃないでしょうか‼️開幕ダッシュをいい感じで決めれたので次のブラックプールにもしっかり勝って欲しいです‼️

    • mash より:

      とにかく勝ち点3を積み重ねていくことですよね!
      理想としては開幕10戦で2位以内につけておきたいなと思っています。

  2. さべいじ より:

    前節は見てないのですが、今節のグーチは私は悪くなかったかなと思います。
    相手DFはだいぶ手を焼いたかなと。
    対してマクギーディは少し心配でした。
    テクニックは健在も、自慢のキック精度がどうもイマイチ。

    パターソンは怖いのが2回ほどありましたが、リーグ戦デビュー、しかも急な決定ということを考えるとよくやったかな。
    MOMはウィンチェスターでしょうが、プリチャードがあそこちゃんと決めていれば、彼で間違いなかったかなぁ。

    ドイル、ニールが堅実な仕事ぶりで今節も感心しました。

    • mash より:

      私はグーチに厳しいのかもしれません(^^;
      もう少し工夫できるやろって思っちゃうんですよね。
      とりあえず勝てたので良かったです。