ニュースあれこれ(2020.9.25)

パワー、次節出場は微妙か

前節オックスフォード戦でハムストリングを負傷し途中交代となったマックス・パワー、幸い軽傷だったようですが木曜日の練習には参加せず週末のピーターバラ戦の出場は微妙な状況。

監督も10月は公式戦8試合の過密日程ということで無理はさせないことを示唆。

ドブソンが出場停止中のため、パワーが間に合わない場合はレッドビターとスコーウェンのスタメンが予想されます。

フィーニー、怪我で長期離脱

今週月曜日に行われたプレミアリーグ2の開幕戦・バーンリーU23戦は2-3で敗戦。この試合で開始直後にオウンゴールに絡んでしまったCBモーガン・フィーニーがハムストリングの負傷で途中交代。検査の結果、手術が必要となり復帰までに4か月かかる見込み。

バーンリーU23 2-3 SAFC U23 ハイライト

SAFC: Matthews, McLaughlin, Dunne, Feeney (Beaumont 6), Taylor, Xhemajli, Diamond, Hackett, Curry (Harris 80), Neil, Wearne.

ダン・ニール、プレミアからのオファーを断り契約延長へ

プレシーズンから良いプレーでアピールし続けていた18歳のダン・ニール。

リーズ、ニューカッスル、ウルヴズからのオファーを断り、2023年までの契約延長にサインする見通し。近年は期待されていた若手も引き抜きの憂き目にあっていましたが、残留を決断してくれました。

噂のアルゼンチン人ストライカー

以前から噂になっていたアルゼンチン人ストライカー、マテオ・バヤミッチ(Mateo Bajamich)。MLSのヒューストン・ダイナモ行き確実と見られてましたが、契約が難航しているようでここに来て再燃。50万ポンドでの獲得を狙っているものの、イングランド2部クラブからも関心があるようで争奪戦の様相。

アルゼンチン2部のインスティトゥートACコルドバに所属する21歳。サラリーキャップの対象にはならないため、給与上限を気にする必要なし。

キンピオカと再契約か

この夏に契約満了となっていたFWベンジ・キンピオカ、新契約を拒否して古巣スウェーデンのIKシリウスで練習を続けながら他クラブからのオファーを待っていたようですが、サンダーランドとの新契約にサインする見通し。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク