【第33節 SAFC 1-0 スウィンドン】ワイク弾で4位浮上、トップ2との差を縮める貴重な勝利

前半からボールを支配しながらも決定力を欠く展開が続きましたが、70分にようやく途中出場マグワイアのFKをワイクが頭で合わせて先制。この1点を守りきり貴重な勝ち点3をゲット。

2位リンカーン、4位ポーツマスが敗れたため、4位浮上。トップ2の背中が見えてきました。


SAFC 1-0 Swindon

【得点】
1-0 70’ ワイク

【スタッツ】
ボール支配率: 67% / 33%
シュート (枠内): 14(4) / 10(3)
コーナーキック: 5 / 2

■スタメン(3-4-3)
ワイク
マッギーディー         ジョーンズ
マクファジーン  スコーウェン  ウィンチェスター  グーチ
オナイン   サンダーソン   パワー
バージ
交代 62′ グーチ ⇒ オブライエン
62′ ジョーンズ ⇒ マグワイア
90′ マッギーディー ⇒ ダイアモンド
93′ スコーウェン ⇒ ニール
サブ マシューズ、ヴォーキンス、ヤンガー 

採点(Player Ratings)

SE: Sunderland Echo / CL: Chronicle Live / NE: Northern Echo / RR: Roker Report

SE CL NE RR
バージ 7 7 7 7
パワー 7 7 7 5
サンダーソン 7 7 8 7
オナイン 7 7 7 7
グーチ 5 7 6 6
ウィンチェスター  5 6 6 7
スコーウェン 5 6 5 7
マクファジーン 5 6 6 4
ジョーンズ 5 6 6 6
マッギーディー 6 6 5 6
ワイク 7 7 7 7
オブライエン 6 6 6 5
マグワイア 7 7 7 7
ダイアモンド 6
ニール 6

ハイライト

⇒ ハイライト(ロング)

⇒ フルタイム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さべいじ より:

    いけそうな感じになってきましたねー。
    マグワイアはジョーカーとして使う感じでも良いかもですね。
    2試合続けて決定的な仕事をしてくれています。

    ライバル達の動向では、ドンカスターを率いていたムーアがシェフィールド・ウェンズデーに引き抜かれたようで。
    サポーターにとっては大ショックでしょうね…。
    ベテランのバトラーが暫定監督(選手兼任?)となり、今節は勝ったようですが。
    正直、悪い方にいってもらえると助かります笑

    • mash より:

      最後はまた土壇場でやられてしまうのかとヒヤヒヤしましたが、勝ちきってくれました〜。

      ライバル同士で上手い具合に潰し合ってもらえると助かるんですけどね。
      来週はポーツマスとのアウェイ戦があります。
      これまでことごとく敗れてきた大一番、何とか勝ってほしいです!