またウィンガー獲得、D.ヒュームはポーツマスへ

トッテナムからジャック・クラーク(21)をシーズン終了までのローンで獲得。

U20イングランド代表歴もある181cmのウィンガー。

リーズのアカデミー出身のクラークは、2018年10月にトップチームデビューを果たすと、2018-19シーズンのクラブ年間最優秀若手選手に選出。2019年7月には1100万ユーロでトッテナムに移籍。

今シーズンはプレミアリーグ2で15試合に出場し3得点4アシスト。ウイングだけでなくセンターフォワードで起用されることもあったようです。

<ジョンソン監督のコメント>

「ジャックは才能のある選手で、ここ数年の彼の成長ぶりを見ていると、この半年間でピッチ上で本当に成長し、その才能に見合った成熟度を見出したと感じています。ファイナルサードのポジション争いは激しく、シーズン終盤に向けて試合を変えていけるようにしたいです。」

D.ヒュームのポーツマス行きが決定

デンヴァー・ヒューム(23)のポーツマスへの完全移籍が決定。移籍金額は20万ポンドと見られています。

レフトバックの控えとして、ノーサンプトン(4部)のアリ・コイキ(22)を狙っている模様。

<その他の移籍>
オリー・ヤンガー(23) ⇒ ドンカスター(完全移籍)
ジョシュ・ホークス(22) ⇒ トランメア(完全移籍)
ジャック・ダイアモンド(22) ⇒ ハロゲイト(ローン)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 日本のサンダーランド好き より:

    噂が出始めて結構早めに獲得が決まりましたね!これでサイドの選手は2人獲得しグーチとマッギディーもいますから層は大分厚くなりました。ヒュームの退団は既定路線ですが、後釜確保は急いだ方が良さそうです。

    • mash より:

      何だかすんなり決まっちゃいました。
      どんなスタメンになるのか週末の試合が楽しみです。