【第5節 SAFC 3-1 ウィコム】3発快勝、首位浮上!

昇格争いのライバルになるであろうウィコムとの直接対決は3-1で快勝。

試合は14分にエンブルトンのクロスをスチュワートが頭で合わせて先制。18分にはエンブルトンが左足を振り抜き2点目。その後は相手の攻撃をしっかり受け止めると、83分にはスチュワートがダメ押しの3点目を決めて勝負あり。

クリーンシートは逃しましたが、この勝利で首位に浮上。リーグ1に降格してから初めての首位です。この調子で首位固めと行きたいところです。

次節は、代表マッチウィークでチームから数名が招集されているため延期が決定。次の試合は、9月11日のアクリントン戦です。


SAFC 3-1 Wycombe

【得点】
1-0 14’ スチュワート(アシスト:エンブルトン)
2-0 18’ エンブルトン(アシスト:グーチ)
3-0 83’ スチュワート(アシスト:ニール)
3-1 90+2’ Wheeler

【スタッツ】
ボール支配率: 51% / 49%
シュート (枠内): 10(4) / 16(3)
コーナーキック: 1 / 5

■スタメン(4-2-3-1)
 スチュワート
マッギーディー   エンブルトン     グーチ  
ニール    オナイン
 サーキン   ドイル   フラナガン   ウィンチ 
パターソン
交代 86′ マッギーディー ⇒ プリチャード
86′ エンブルトン ⇒ オブライエン
86′ サーキン ⇒ ライト
サブ バージ、アウヴェス、オブライエン、ホークス 
グーチ、フラナガン、オナイン

絶対的エースへ

スチュワートは、ここまで開幕5試合4得点。

昨シーズンは途中出場が多く、いまいちスタイルが分かりませんでしたが、ボールコントロールも上手いし、ポジショニングも良いし、シュートも上手い。チャンスを確実に仕留める決定力もあります。

ワイクは点は決めますがミスも多く、決定機をよく外すイメージがありました。全ての面でワイクより秀でている気がします。

<開幕5試合の成績>
スチュワート 5試合4得点
ワイク 5試合無得点

ワイクの抜けた穴なんてどこにもありませんでした。得点王狙ってもらいましょう!

採点(Player Ratings)

SE: Sunderland Echo / CL: Chronicle Live / NE: Northern Echo / RR: Roker Report

SE CL NE RR
パターソン 7 7 7 7
ウィンチェスター  8 7 7 8
フラナガン 8 7 7 8
ドイル 7 7 8 8
サーキン 6 7 7 7
オナイン 7 8 7 8
ニール 7 8 8 8
グーチ 7 7 6 7
エンブルトン 9 8 8 9
マッギーディー 6 7 6 6
スチュワート 8 8 9 9
プリチャード 6 6
オブライエン 6 6
ライト 6 6

ハイライト

⇒ ハイライト(ロング)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 日本のサンダーランド好き より:

    スチュワートエグいですね‼️ワイクが抜けて心配でしたが量産体制入ったぽいので、このまま昇格へ導いて欲しいです。
    いつ、いつものように失速するか分からないので取れる時に勝ち点は取って欲しいです‼️

    • mash より:

      スチュワートには得点王になってもらいましょう!
      勝ち点3にこだわって、しっかり積み重ねていってほしいです。

  2. さべいじ より:

    快勝でしたね〜。
    エリオット、スチュワート、ニールと昨シーズンは影に隠れていた選手が躍動しています。補強が進まないな…と思っていましたが、監督は彼らの実力を分かっていたってことですかね??

    あと何気にフラナガン安定してません?
    昨日はかなり良かったですよ。

    それとオナイン、効いてますね〜。パンチされてたけど笑(他の場面含め、レフェリーひどかった)

    • mash より:

      みんなプレシーズンでもしっかり結果を残しましたし、監督からの信頼を勝ち取りましたね。
      フラナガンは、やっぱりドイルの存在が大きいですかね。流石に17歳には負けてられませんから(^^
      オナインも効いてますよね。ホントに契約更新できて良かったと思います。