KLDが保有株式を51%に引き上げ

サンダーランドAFCは6月22日、キリル・ルイ・ドレフュス会長が、保有するクラブ株式を51%に引き上げたことを発表しました。

フアン・サルトーリ氏も保有株式を30%に増やしたことを発表。

今回の株式取得は、チャーリー・メスベン氏が保有する全株式(5%)を売却し、スチュワート・ドナルド氏が15%を売却したことによるもの。

<変更前>
KLD 41%
サルトーリ 20%
ドナルド 34%
メスベン 5%

⬇︎

<変更後>
KLD 51%
サルトーリ 30%
ドナルド 19%

ドナルドが株式を保有している限り、膿を出し切ったとは言えませんけどね。

第三者に株式を売却するのではなど憶測も飛び交いましたが、とりあえずKLDが過半数取得となり、ひと安心です。重要なのはこれから。しっかりクラブを前進させていってもらいたい。

昨年2月にキリル・ルイ・ドレフュス氏(KLD)が新会長になった際、クラブの過半数の株式を取得していたと思っていましたが、なんと前会長...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする